限定というフレーズを使った営業トーク

昔私が営業化支援ツールを使って電話で営業活動を行っていた時、よく「定員締め切りになる可能性がある」というフレーズを使っていました。実際には定員には余裕はあるのですが、敢えてそういう表現を使っていたのです。なぜなら顧客によっては、それが響く事もあるからです。

現に以前に、ある顧客から私に対して電話がかかってきたことがあります。その顧客は、開口一番に非常に興味深いことを話していました。「もう締め切りになってしまいましたか。間に合いますか。」という一言だったのです。かなり焦っている雰囲気で、若い男性でした。少なくとも電話をかけてくる以上、契約に興味はあったのでしょう。

なぜこういう状況になるかというと「締め切り」という一言が効果を発揮しているからです。とかく日本人は、品数に限りがある商品に興味を持つ傾向があります。期間限定や人数限定などのフレーズは、多くの日本人には効果を発揮する傾向があるのです。ですから営業トークを考える時には、ちょっと「限定」というフレーズを強調してみると良いでしょう。