営業では顧客への質問が大切

ある時に、私は顧客を上手く振り分ける悩みがありました。営業活動を行う為には、果たして購買に至る確率が高い顧客なのか否かは、的確に見極める必要があります。そうでなければ、時間効率が悪くなってしまう事もあるからです。

しかし的確に顧客を見極めるとは言っても、その方法論で非常に悩んでいた時期があったのです。それである日に、私はある営業の書籍に遭遇しました。そこに書かれている内容は見込み顧客のナーチャリングについて教示してくれるものでした。とても興味深く、顧客に対して質問してみれば良いという話が書かれていたのです。自分から一方的に話すのではなく、顧客のニーズを探る意味でも、的確な質問をすべきだと学びました。

実際、効果はてきめんだったのです。もちろん具体的な質問は考える必要はありますが、確かにそれで上手く工夫をしてみれば、確かに的確に振り分けられる傾向があるのです。

その質問を徹底したおかげで、私は何とか営業成績を伸ばせた記憶があります。逆に質問をする事は、非常に大切ではないでしょうか。