営業事務職は不意打ちで化粧必要な時もある

営業事務職は裏方です。営業さんが「花」ならば、営業事務職は「土」的な感じでしょうか。ほとんど会社から出ることはありませんし、日によっては誰とも会わないような日もあります。ですから、ついついビジュアルに気を抜いてしまいがちになるのです。

たとえば、ほんの少しだけですが調子が悪い(という風にしておいて)場合、マスクをしているのでノーメイクで出社したりと。また、化粧も「ナチュラルメイク」としつつも、朝礼や他の部署との交流がないような日は、明らかに手抜きにしていましたね。

しかし、そのような日に限って商談の効率化だということで、突然の来客対応が入ってしまったりと、内心「あちゃー」と思う自体になるのです。しかしまあ、表立って「化粧雑だね」とは言われませんが。というか、男性社員は気がつくこともないですが。

けれど自分の中の気持ちとして、部署外の人間と接する日は化粧バッチリにしておかなくてはーという気持ちがありますからね。ですから、もしもの時のためにと、化粧ポーチは常備するようにしていました。日頃は裏方作業でビジュアルなんてどうでもいいので、手を抜きたいがための方法だったりするのですが。